1人暮らしの防犯

窓ガラス

独り暮らしが初めての方は楽しみが多くありますが、家族と住むのとは違い、気をつけなくてはいけないことがたくさんあります。
空き巣や強盗、ストーカーなどの被害に会う可能性が高くなります。

不審者の侵入を防ぐには防犯カメラなどを使用するのも有効ですが、一番しっかりしないといけないのは戸締まりです。
まず、家に帰ったら、カギとチェーンをかけることが重要です。
カンタンなことですが、これは非常に有効な対策です。犯罪者はすぐに盗聴器などを仕掛けるので、一緒にいても気付かない場合もあります。
もしも、怪しい宅配便などが来た場合にはチェーンをかけた状態で伝票の受け渡しを行うようにしましょう。
また、インターホン、チェーン越しで要件が済むものは絶対に中に上がられないようにしましょう。
予定外の来客があった場合は居留守を使うのも有効な手段です。

次に気をつけることは犯罪者に目を着けられないようにすることです。
そのためにも生活習慣をたまにずらすことや、読まれないようにするのも有効手段です。
基本的にはカーテンはむやみに開けず、帰宅が遅い場合、洗濯物は外に干さないようにして、郵便や新聞がたまらないようにしましょう。

防犯対策

監視カメラ

独り暮らしでは防犯カメラや盗聴器発見器などに頼る前に自分の暮らしを見直す必要があります。
女性の独り暮らしの場合は男性と一緒に住んでいる気配を出すことでカモフラージュすることができます。
例えば、郵便受けには名前ではなく、姓だけにしたり、ダミーで男性の名前を入れたり、伝票はシュレッダーで処理したり、男性ものの下着も一緒に干したりするとよいでしょう。
男性が一緒に暮らしていると思わせることができれば、それだけでも防犯になります。

侵入された場合も想定して行動するようにしましょう。
万が一に備えて心の準備をすることも大切です。
・通帳とハンコは別々の場所に置いて、通帳だけで一箇所にまとめるのではなく、分散させておく。
・キャッシュカードは常に持ち歩くようにする。
・預金の残高はコマ目にチェックして、引き落とし先もしっかり確認する。
・日頃から整理整頓を心掛け、侵入したことがすぐにわかるようにする。